会社設立の手続き

未分類


会社設立は、大体2週間前後で申請から完了まではできます。具体的に、その間の行程がものすごく大切になってきますので、流れの把握をしっかりとする必要があります。

まず、会社について決めることが必要です。会社名、所在地、設立年月日などです。そして、印鑑の作成が必要です。印鑑にもいくつか種類がありますが、代表者印、会社印などの実印と、銀行届出印、角印が必要です。次に、定款の作成をします。定款は、会社を設立するのであれば、必ず作成しなければいけません、書面定款と電子定款という2種類が存在し、それぞれ発生する費用が異なります。まず、どちらにせよ公証役場に認証してもらう必要があります。その費用は5万円前後発生します。また、その他に、書面定款の場合、印紙税が4万円前後発生します。電子定款の場合、費用は発生しません。次に、登記の申請を行います。法務局に行くやり方と、郵送でできるやり方とオンラインがありますが、定款、登記申請書、就任承諾書、印鑑届出書などが必要となってきます。次に、登記が完了したら、さまざまな書類作成と手続きが必須です。税務署への届け出、地方税に関する届け出、保険に関する届け出などです。

2週間くらいで完了はできますが、実はこれだけのたくさんの業務が発生するのです。