会社設立を税理士に頼むメリット


これから会社を設立しようと考えている方もいると思います。初めて会社設立をする時、ワクワクを胸に設立される方が多いと思いますが、それと同時に、何をすればいいの?流れは確認しているけど、漏れはないかな?などといったように、意外とやることが多い!と思い、不安に掻き立てられる方も多いのではないでしょうか。

今は、会社法によって、会社が1円から立てられるという時代なので、以前に比べると、会社設立自体はやりやすくなりました。しかし、きちんと流れを踏んでいく必要がありますし、書類や財務面など、様々なすることがありますし、結構複雑です。もちろん自分1人でやるということもできますし、プロや専門家に頼む方が早かったりしますし、早いだけでなく、設立した後も、サポートをしてもらい、長期的にも良いということが多いです。

特に、絶対に必要になってくるのが、財務面です。実は財務に関する書類はたくさんあるので、間違ってはいけませんし、節税対策もしたほうがいいですし、そもそも脱税などをしてしまっては、会社としての存続ができなくなってしまいます。そのため、財務面に関しては、特にしっかりと行う必要がありますが、専門知識も必要になってきます。

その道のプロが、税理士なのです。こちらでは、そもそも会社設立の時に何が必要なのか?なぜ税理士に頼むのた良いことなのか、そもそも税理士って何をするの?そういった会社設立に必要なことをお伝えしていきます。