税理士によるサポート

税理士に頼むとどのようなサポートをしてもらえるのでしょうか。

まず一つ目は「税務に関する相談に乗ってくれる」です。これはものすごく強いことです。やっていいことやだめなこと、今後の相談などにも乗ってくれます。節税対策にも乗ってくれますし、脱税していないかも大事になってきます。また、知らなかった結果、無駄に税金を払ってしまっていた。というケースもありますので、しっかりと相談して、実践することが大切です。

次に「税務の届け出代行」というのもあります。先程お伝えしたように、定款、登記申請書、就任承諾書、印鑑届出書など、書類はたくさんあります。そういったものを代行してくれます。設立時の代行ももちろんそうですが、設立した後の届け出なども大切になってきます。例えば、大きなものの一つに、確定申告があります。これは、遅れてはいけませんし、間違ってもいけません。こちらも最初の時点でしっかりと考えておく必要があります。

また、「手続きの手数料が安くなる」ということも挙げられます。大体、設立だけではなく、設立後の継続的な顧問契約などを行うところが多いです。手続き手数料を安くするというところも多くあります。顧問料を継続的にとることで、初期の手数料などは無料にしても、さほど問題はないのです。

具体的に、このようなことをやってくれますが、もちろん税理士にも、ピンからキリまでありますし、会社設立は、必要なのは税務だけではありません。(法務や人事などもあります)
なので、一番始めの段階でしっかりと計画を立てて、会社設立を行いましょう。

関連PICK UP○https://www.adiretax.jp/○

会社設立の手続き

会社設立は、大体2週間前後で申請から完了まではできます。具体的に、その間の行程がものすごく大切になってきますので、流れの把握をしっかりとする必要があります。

まず、会社について決めることが必要です。会社名、所在地、設立年月日などです。そして、印鑑の作成が必要です。印鑑にもいくつか種類がありますが、代表者印、会社印などの実印と、銀行届出印、角印が必要です。次に、定款の作成をします。定款は、会社を設立するのであれば、必ず作成しなければいけません、書面定款と電子定款という2種類が存在し、それぞれ発生する費用が異なります。まず、どちらにせよ公証役場に認証してもらう必要があります。その費用は5万円前後発生します。また、その他に、書面定款の場合、印紙税が4万円前後発生します。電子定款の場合、費用は発生しません。次に、登記の申請を行います。法務局に行くやり方と、郵送でできるやり方とオンラインがありますが、定款、登記申請書、就任承諾書、印鑑届出書などが必要となってきます。次に、登記が完了したら、さまざまな書類作成と手続きが必須です。税務署への届け出、地方税に関する届け出、保険に関する届け出などです。

2週間くらいで完了はできますが、実はこれだけのたくさんの業務が発生するのです。

会社設立を税理士に頼むメリット

これから会社を設立しようと考えている方もいると思います。初めて会社設立をする時、ワクワクを胸に設立される方が多いと思いますが、それと同時に、何をすればいいの?流れは確認しているけど、漏れはないかな?などといったように、意外とやることが多い!と思い、不安に掻き立てられる方も多いのではないでしょうか。

今は、会社法によって、会社が1円から立てられるという時代なので、以前に比べると、会社設立自体はやりやすくなりました。しかし、きちんと流れを踏んでいく必要がありますし、書類や財務面など、様々なすることがありますし、結構複雑です。もちろん自分1人でやるということもできますし、プロや専門家に頼む方が早かったりしますし、早いだけでなく、設立した後も、サポートをしてもらい、長期的にも良いということが多いです。

特に、絶対に必要になってくるのが、財務面です。実は財務に関する書類はたくさんあるので、間違ってはいけませんし、節税対策もしたほうがいいですし、そもそも脱税などをしてしまっては、会社としての存続ができなくなってしまいます。そのため、財務面に関しては、特にしっかりと行う必要がありますが、専門知識も必要になってきます。

その道のプロが、税理士なのです。こちらでは、そもそも会社設立の時に何が必要なのか?なぜ税理士に頼むのた良いことなのか、そもそも税理士って何をするの?そういった会社設立に必要なことをお伝えしていきます。